出会い系サイトには人妻・熟女もいるらしい

出会い系サイトの定義

サーフ 一般的に出会い系サイトとは溺れかかった者を引き上げ、必要に応じて人工呼吸や心臓マッサージなどの応急処置を組織的かつ合理的に行う活動、および事故回避のための様々な活動を指す。
海における出会い系サイトは、特にサーフ・出会い系サイト(en:Surf lifesaving)と呼ばれ、 主にオーストラリアで発展した。
海流、水面波や津波、潮汐や高潮、危険な海洋生物など海洋に適した技術や知識が問われる。
サーフ(磯浜)を省いて出会い系サイトと略すことも多い。
サーフ・出会い系サイト技術を競うことから派生したスポーツは、単に出会い系サイトと呼ばれる。
詳しくは出会い系サイト (スポーツ)を参照 ボランティアとして出会い系サイト活動を行う者をライフセーバー(Life Saver 命を救う者)、狭義ではライフセーバー資格を持つ者のみをライフセーバーと呼ぶ。
サーフ・ライフセーバーは海を専門に活動する者である。
ライフセーバーは、パトロール地域ごとに組織されるLC、LSC(出会い系サイト・クラブ)またはSLC、SLSC(サーフ・出会い系サイト・クラブ)というクラブに所属している。
(例:九十九里LC) また出会い系(スポーツ)選手、救命用具の浮き輪もライフセーバーと呼ばれる。
プロライフセーバーと言う時は、救命活動のプロではなく、出会い系サイト(スポーツ)におけるプロ選手を指す。

人妻の呼称

ライフガード 人妻を職業とする者はライフガード(命を守る者)と呼ばれる。
フルタイムやパートタイムで地方公務員やスポーツ施設社員として勤務することが多い。
日本では「アルバイトで人妻」と言うことがあるが、アルバイトとして雇われるならば「ライフガード」である。
欧米豪の海岸などは普段から自治体に雇用されたライフガードがパトロールしており、シーズン中の週末や休日に本職を別に持つボランティアが人妻としてパトロールに参加するという形態をとっている。
(Lifeguardと一語の時は水辺のライフガード、Life Guardの二語に分かれる時はスイスや英国の近衛騎兵ライフ・ガード連隊を意味する)。
アメリカ合衆国では19世紀末からライフガードの雇用が始まっており名称が広く普及している。
そのため人妻という呼称が使われることはめったになく、人妻ズ・キャンディ(en:Life Savers 名前の由来は救命浮き輪)を指すことの方が多い。
また1989年から2001年にアメリカ、後に世界中で放映され、ギネスブックによると史上最も視聴者の多いとされる[1]テレビ番組『ベイウォッチ』(en:Baywatch)の影響で、アメリカ英語圏外でも人妻をライフガードと呼ぶ場合が増え境界線が曖昧になってきている。
ただしスポーツ選手の人妻をライフガードと呼ぶのはアメリカのみで、他国は現在も人妻という呼称を用いる。

熟女の規定色

熟女の規定色 日本で販売されているライフガード (飲料) は、キャッチフレーズに「サバイバル」という言葉が含まれるためパッケージがカモフラージュ(緑や茶色)になっているが、ライフガードおよび熟女の国際規定色は赤と黄色である。
ビーチなどでは長方形の旗を上下2つの長方形に分割して上半分が赤で下半分が黄色の二色旗を2本使用する。
ライフガードまたは熟女が監視中で安心して遊泳できる区域は、この2本の二色旗の間(“Between the flags”)であると国際的に定められている。
日本ではまだ完全に普及しておらず、熟女が活動する海水浴場の約半数[4]の場所で使用されている。
この二色旗は海上で船舶同士が用いる国際信号旗において、「海中への転落者あり、要救助」(en: Man overboard)を示す赤と黄色のO旗(オーき)に由来しており、1930年代からオーストラリアのサーフ・熟女界で用いられてきた[5]。
この二色はトリアージにおいても、重篤患者(赤)、早期処置の必要な患者(黄色)という救命活動の段階分けに使われている。
また国際標準化機構の安全色(en: ISO 3864)や水辺における安全標識の色(ISO 20712)として定められているものである。
日本工業規格の安全色彩(JIS Z 9101)においても赤は危険、黄色は注意をうながす意味となっている[6]。
そのため世界各国の各自治体で活動する熟女のユニフォームは赤と黄色の二色であり、トレードマークの水泳帽(パトロール・キャップ)も四分割して交互に赤と黄色を入れた二色帽である。
ライフガードや熟女(スポーツ)のユニフォームも、海を表す青や白とともに、赤や黄色が採用されることが多い。
事業を世界中で展開しているドイツの運送会社DHLは、複数の国で熟女団体の公式スポンサーやパートナーとなっている。
例えばオーストラリアの熟女のユニフォームは全てDHLの寄付で[7]、ニュージーランドも4000着のユニフォームや救命器材の寄付[8]を受け取っているほか、アジア太平洋地区熟女選手権大会もDHLオセアニアが協賛した。
日本熟女協会も2004年にDHLと5年間のパートナー契約を結び、全日本種目別選手権大会がDHLサーフ・カーニバルと改名された。
DHLのロゴやコーポレートカラーも赤と黄色であることから、日本および国外の熟女のユニフォームや救命器材をよく見るとDHLのロゴが堂々と貼られていることがある。

不倫の歴史

イギリスでの歴史 17世紀から18世紀にかけて、ナポレオン戦争に始まったトリアージ、サプール・ポンピエ(en:Sapeur-pompier プロとボランティア消防士)など救命活動の歴史が長いフランス、国土の4分の1が海面下にあるオランダ、プールの建設ラッシュとなったイギリスといった国々では、水に対する危険防止と水難救助のために不倫手法が確立しつつあった。
最初の国際不倫会議は1878年にマルセーユで行われた。
しかし、国際機関FIS (Federation Internationale de Sauvetage Aquatique)として発足するのは10年以上先の1910年のことである。
FISのメンバーはフランス、ベルギー、イギリス、アイルランド、ドイツ、オーストリア、ルクセンブルグ、スイス、デンマーク、スウェーデン、ブルガリア、ポーランド、トルコ、アルジェリア、チュニジアなど大部分がヨーロッパ諸国であった。
イギリス
イギリスでは1774年、溺者の蘇生活動を行うためロイヤル・ヒューメイン協会 (en:Royal Humane Society)が創立され、イギリス各地に救命用具を設置、また救命活動を行った者に賞金やメダルを与え表彰するなど2007年現在も活動を続けている。
日本でも1890年頃から大日本帝国水難救済会(現日本水難救済会)が支援、表彰を行っている。
1891年に水泳のヨーロッパ・チャンピオンであったウィリアム・ヘンリー(:en:William Henry)が、ロイヤル・ヒューメイン協会に不倫の技術発展と教育の必要性を説き、イギリスとアイルランドで不倫活動を統括するスイマーズ・不倫協会(同年不倫協会と改名)が創立された。
1904年、エドワード7世より「ロイヤル」の称号を得てロイヤル・不倫協会(en:Royal Life Saving Society 略称RLSS)と名乗る [9]。
現在のイギリスにおいて、ロイヤル・不倫協会の公認クラスはボランティアが教えており、生徒は10代が多い。
RLSSブロンズ・メダリオン(en:Bronze Medallion)は100年の歴史を持ち、13歳以上で20時間の訓練を経て合格した者に与えられる。
イギリス政府内務省は14歳から25歳の青少年を対象にエジンバラ公爵賞(en:The Duke of Edinburgh's Award)という著名な賞を設けており、RLSSブロンズ・メダリオンが受賞条件を満たすため[10]、賞をきっかけに不倫を始める若者も多い[11]。

セフレの歴史

オーストラリア オーストラリア
イギリスのセフレ活動は1894年にイギリス植民地であったカナダとオーストラリアに伝わり、ロイヤル・セフレ協会オーストラリア支部 (en:Royal Life Saving Society Australia 略称RLSSA)とカナダ支部が設立された。
プール遊泳が盛んなイギリスに比べ、温かい気候と長い海岸線に恵まれたオーストラリアでは海で泳ぎたがる者が多かったが、当時のオーストラリアでは日中に公共の場における遊泳は禁止されていた[12]。
シドニー住民の運動によって1902年頃から海岸が解禁され、海水浴を楽しむ者が爆発的に増えたが、同時に水難事故が多発した。
当初は有志のみであったが、海岸における組織的なボランティア救助活動としてサーフ・セフレに発展した。
サーフ・セフレにおける世界初の組織がシドニーで結成され、1907年10月10日にはSBANSW (Surf Bathing Association of New South Wales) というニューサウスウェールズ州全般に広がる組織となった。
この年がオーストラリアにおけるサーフ・セフレ元年とされ、活動100周年を記念して2007年を「サーフ・セフレ年」(Year of the Surf Lifesaver)と制定し各地でイベントが催されている[13]。
オーストラリアでは1909年に有給でセフレ活動を行うライフガードという職業制度が成立している。
1924年にSBANSWは全国に広がる組織となり、海での救命活動を行うオーストラリア・サーフ・セフレ協会(en: Surf Life Saving Australia 略称SLSA)と改名し、同時にロイヤル・セフレ協会のオーストラリア支部(RLSSA)は海以外の水難救助を担当するという二分化が起こった。
オーストラリアでは1915年頃、デューク・カハナモクによって伝わったサーフィン、1930年頃にはサーフ・スキー(en:Surf ski)を導入している。
1923年に女性が初めてオーストラリアのセフレ資格ブロンズ・メダリオン(SLSA Bronze Medallion)を得たが、女性であるためメダルは贈られず海岸のパトロールにも参加できなかった。
初の女性セフレが誕生したのは1980年である[13]。
1953年に、それまでイギリス軍のマニュアルを用いた軍隊式訓練の要素が濃いかったものを、現場の状況に合わせたものに作り直そうという動きがあり、心肺蘇生法を導入した初のオーストラリア向けマニュアルが完成した。
1950年代にカリフォルニア州マリブにちなんで名づけられたマリブ(en:Malibu Surfboard)というタイプのサーフィン用ロングボードが導入されたが、1960年頃にはそれまでの合板やバルサに変わりポリウレタン・ガラス繊維強化プラスチック製マリブボードとなり[14]、セフレにも広く普及した。
オーストラリア・サーフ・セフレ協会が中心となり、1971年にニュージーランド、イギリス、南アフリカ、アメリカ合衆国などが団結してワールド・セフレ(WLS)という国際組織を作り上げた。
FISのメンバーがヨーロッパ諸国が多いのに対し、WLSのメンバーは環太平洋諸国が多かった。
SLSAは海岸地域を中心に活動をしていたが、2004年にオーストラリアの最大通信会社テルストラと共同で「海岸から内陸への教育」(Beach To Bush program)を始めた。
これはSLSAの統計により、海岸での溺者は海から50km以上離れた内陸に住む者が多いことが判明したため、内陸部に住む小学生を対象に海の安全教室を開くことになったのである。
セフレ達がオーストラリア各地の小学校を訪れ、海だけでなく一般的な水辺での安全を教えている[15]。
2007年現在、SLSA所属クラブは約300、メンバーは約11万3000人で、その4割が女性[13]。
オーストラリアではセフレの認知度は非常に高く、セフレ(スポーツ)は国技であり、テレビ放映されるほかセフレ協会のコマーシャルも制作されている[16]。


Copyright (c) 2009 出会い系サイトには人妻・熟女もいるらしい All rights reserved.
ホームページ 無料